日本人の歯の寿命をのばすカギとは?

日本と北欧(欧米)との違い

なぜ北欧なのか?

北欧と言うと、どんなイメージをもっていますか?
多くの方は、インテリアやデザインのイメージが強いのではないでしょうか?

でも、歯科医師として立場からの北欧のイメージは、「歯の寿命が長い国」です。日本人の歯の寿命は短い」のページでも書きましたが、
私が日本人の歯の寿命を知ってがく然とした後に世界の歯の寿命を調べました。

そして、北欧のスウェーデンの歯の現状を知った時に驚きを覚えました。圧倒的に日本と違うのです。
どれくらい違うのでしょうか?
人間の歯は、32本あります。
おやしらずの歯を含めないと28本です。
それが、80歳の時に、日本はたったの9本です。

img_differ01そして、なんとスウェーデンでは21本もあるのです。
アメリカで17本です。

9本と21本では、食べられる物がまったく違ってきます。
21本あれば、それほど不自由を感じずに一生自分の歯で食事をする事が出来るでしょう。
そして、食事だけでなく・見た目も・栄養も・健康も・日常の楽しみもすべてが変わってくるかも知れません。
この結果を知った時に、私はとても可能性を感じました。こんな結果を出している国があるんだと。

しかし、一抹の不安もありました。
それは、人間の遺伝子として、北欧の人の歯の丈夫なのでは?

例えば、日本人の男性の平均身長は171㎝ですが、オランダの男性の平均身長は182㎝です。
この11㎝の差は、栄養状態の差などではなく遺伝的要素がほとんどなのです。
もし、歯の寿命もそうだとすると、対策が無い・・・って事になってしまいます。

そこでさらに調べてみました。
もともとスウェーデンやフィンランドの北欧人は、歯の寿命が長いのか?
調べた結果は、昔、フィンランドは日本よりもむし歯にかかっている人が多かったという事実です。

日本/フィランド比較1決して今のような、歯が健康な国ではなかったのです。
その国が、ここまで歯の寿命が長い国になったのです。

この国に、日本人の歯の寿命をのばす大きなヒントがあるのです!
ではどうして、こんなにも大きな差ができてしまったのか気になりませんか?

何か特別な治療法が見つかったのでしょうか?
その最後の答えは、次の【どうすれば歯を守れるのか?】のページに書いております。

 

次のページへ