img_kids01_main

2歳までが虫歯予防の効果を最大に発揮する?

2歳半頃までに決まる『虫歯のなりやすさ』

お子さんが『虫歯になりやすいか?』
それとも『虫歯になりにくいか?』
それは、2歳半頃までに決まってしまうと言う事を知ってますか?

一生の虫歯リスクが2歳半までに決まってしまうのです。
『え!そうなの?』と思うかもしれませんが、紛れも無い事実です。
このページでは、『虫歯体質はどの様に決まるのか?』『その予防法!?』についてお話します。


虫歯体質はどの様に決まるのか?

虫歯の原因となる虫歯菌はいったいどこから来るのでしょうか?
生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯菌はいません。
実は、生まれた後に虫歯の原因菌が人から人へ感染するのです。

虫歯菌の主な感染経路はお母さんとお父さんです。
その感染が決まるのが、2歳半ぐらいまでなのです。


虫歯菌の感染を想像してみよう!

img_kids01_01では、虫歯菌がお母さんやお父さんからうつるとして、その時期はいつなのでしょうか?
虫歯菌が感染しやすい時期は、 生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間です。
その間で虫歯菌がうつる確率が高いのです。
ここで一つ疑問が浮かびます。
『遅かれ早かれ、どうせ虫歯菌がうつるなら、気にしてもしょうがないのでは?』

うつるとしても、虫歯菌がうつる時期がすごく重要なのです。
どういう事かと言うと、虫歯菌がうつるのが遅くなればなるほど虫歯になりにくいのです。
すこし分かりやすくご説明しましょう。

お口の中に、菌が座れるイスが1000席あるとします。
早い段階で、虫歯菌がうつる子は その1000席のなかで虫歯菌が200席座ってしまいます。
遅く段階で、虫歯菌がうつる子は 席が他の菌に座られていて10席しか座ることができません。

同じ虫歯の菌がうつるにしても、早い段階の子は 虫歯菌が席を200席占領している。
遅く段階の子はたった10席のみしかありません。
虫歯菌はどちらも親から移っていますが、どちらが虫歯になりやすいと思いますか?
答えるまでも無く、早い段階で移った子です。

そしてもう一つ重要な事をお伝えします。この菌の席のバランスは基本的に一生変わらないのです。
菌が定着した後は、席替えや入れ替えは起こらないと思ってください。
見えないところで、すごい事が起こっていますね。

出来れば虫歯菌が移らない事が一番良いですが、移るのを遅くすることもすごく重要なのです。
では実際にどれくらい虫歯菌の定着とその後の虫歯になりやすさに影響があるか多くのデータを基にご説明いたします。

スウェーデン・イエテボリ大学(世界でもっとも有名な予防歯科大学の1つ)での研究では
2歳までに虫歯菌の感染が無かった子供が4歳になった時の虫歯の本数がわずか0.3本でした。
一方で2歳までに虫歯菌の感染があった子供が4歳になったときは、虫歯の本数は、5本もありました。
虫歯の本数になんと16倍の差ができたのです。


ではいったい何をすればよいのでしょう?

img_kids01_02では、実際には何をすれば良いのでしょうか?その具体策をお伝えいたいます。
(※歯みがきはもちろん大切なので、頑張ってやってください)
大きく分け感染予防の対策は4つあります。

・感染を遅らせるポイント[1]

→お母さんとお父さんが歯科医院で歯の虫歯治療とクリーニングをする。
少なくともお子さんが1歳になるまでにはご両親の虫歯治療を済ませるのと、その後定期的にクリーニングする事が大切です。
しかも、これはお子さんの為だけでなく、ご自身の歯の寿命をのばすためにも一番重要です。

・感染を遅らせるポイント[2]

→お子さんと同じ箸やスプーンを共有しない、咬み与えをしない
感染ルートは、食べ物をあらかじめ噛んでから赤ちゃんに与えてしまう噛み与えや
食事中のお箸やスプーンの共有、そしてキスなどのスキンシップです。
しかし、感染ルートをすべて遮断するのはかなり現実的には難しいですし、
スキンシップなどはとても大切ですので止める必要はないです。
しかし、以下の事はトライしてみて下さい。
① 噛み与えをしない。
② お子さんの口に入れる箸やスプーンは、お母さん・お父さんと別の物にする。

お母さんがかじった食べ物を、お母さんの使っている箸でお子さんの口に運ぶと
その度に一緒に虫歯菌も運ばれてしまいます。ぜひ、2歳半まではトライしてみてはどうでしょうか?

・感染を遅らせるポイント[3]

→砂糖が入った食べ物(おやつ)飲み物を控える
砂糖をたくさん取ってしまうと感染した虫歯菌が爆発的に増えてしまうのです。
そして増殖した虫歯菌にどんどん占領されていきます。
ですから、2歳半まで時期には、なるべく虫歯菌を座らせたくないので、砂糖を極力控えて欲しいのです。
特にジュースやアメは砂糖の供給時間が長くなるので、決してあげない様にしてください。

・感染を遅らせるポイント[4]

→虫歯菌を減らす為のアプローチをする。
実際には、キシリトール や プロデンティス を食べると言うことです。
お母さんのお口の中の虫歯菌が、キシリトールやプロデンティスを食べる事によって減っていくのです。
もちろん一生続く訳ではないのですが、食べてる期間は虫歯菌を減らす事が出来ます。

お母さんのお口の中にいる虫歯菌を一時的でも減らす事が出来れば、お子さんに感染するリスクがとても下がります。
もちろん虫歯体質のお母さんお父さんであれば、継続的に食べる事でご自身の虫歯の発生も抑えられます。
ただし、100%キシリトールガムは歯医者さんでしか買えないので注意してください。

虫歯体質にさせない理由や対策をお話ししてきましたが、最後にポイントだけおさらいします。
虫歯体質は2歳半までに決定してしまい、その後一生変化する事はないということ。
そしてイス取り合戦のように、早く虫歯菌が感染すればするほど、その後の虫歯体質のリスクが高くなる。
感染を遅らせるには以下の予防をするのが効果的。
[1]お母さん、お父さん虫歯の治療をして、虫歯菌の数を減らす。
[2]お箸や、スプーンの共有をしないで、感染を防ぐ
[3]お砂糖の入っている、飲食物をあげない
[4]キシリトールやプロデンティスを食べる

しかし、日々の家事や子育てで忙しく大変なお母さんに100%この条件を守るのは難しいと思います。
でもまずは、お母さんお父さんにどうして虫歯になるのか?をしっかり知ってもらう事が大切だと私たちは思っております。
その上で、ご自身で出来るところから少しずつトライしてみて頂ければ嬉しいです。
次のページでは、2歳半以上の子の虫歯予防についてご説明いたします。

 

次のページへ