歯周病の治療について

歯周病の害

『歯周病』と言う言葉は、誰でも聞いた事があると思います。
ところで、その『歯周病』がどういった病気かは知っていますか?
ほとんどの人は、『歯ぐきが腫れたり、歯磨きをした時に出血したりするのが歯周病なのでは・・・。』と思っています。

少し前まで、歯周病は歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれていたので
歯ぐきから膿が出る病気だと思っている方も多いです。
もちろん、歯ぐきから出血したり、歯ぐきが腫れたり、膿が出ることもあります。
ただ、これらは歯周病の症状の一つにすぎません。

では、『歯周病』がどんな病気かと言うと、
歯を支えている骨と歯ぐきが溶けてしまう病気です。

『骨?』とビックリされる方もいらっしゃいますが実は歯ぐきのすぐ下には、
歯を支えている顎の骨があります。
学校の理科室にあった人体模型の頭蓋骨をイメージしてもらえると分かると思いますが
人の歯は、顎の骨に歯が刺さっている状態です。

その歯を支えている大事な骨が溶けてしまい、
歯がグラグラになってしまうのが『歯周病』なのです。
骨という支えが無くなれば、いくら歯が健康でも、硬い物は咬めず歯がグラグラして痛みも出ます。
事実、歯を失う原因の約半分は歯周病なんです。


なぜ、歯周病になるのか?

では、どうして歯周病になるのでしょうか?
歯周病の原因は、二つあります。

① 歯と歯茎の間についた細菌(歯垢・プラークなど)
② かみ合わせにより、歯にかかる強い力

一番多いのは、①の原因です。
歯周病が進行して、歯の支えである骨が溶けると、
かみ合わせにより、歯にかかる強い力で歯周病の進行が加速します。
ただ、歯周病の原因を知るよりも、もっと知って欲しい事あります。


歯周病の怖い点は3つある?

img_treat_02なぜ私が歯周病の事を、こんなに知って欲しいかと言うと
歯周病に対する誤解からくる、3つの怖い点があるからなのです。

その3つの怖い事を知らない為に、歯を失ってしまう患者様を、いままで何千人も見てきました。
だからこそ、あなたに歯周病の本当に大切な事、そして歯周病の怖さを知って欲しいのです。
では、3つの怖い点を例をあげて、説明していきます。

1)自分では問題を感じない。
『先生、歯周病で骨が溶けたり歯ぐきが下がったりするなら、痛みがでるから、すぐに気づきますよね』
といった質問を、よくされます。
歯周病には痛みが伴い、自覚症状があると思われる方も多いですが、そんな事は、全くありません。

実は、初期から中等度の歯周病は、ほとんど痛みを感じず、自分で分かるような症状がないのです。
これが歯周病で歯を失ってしまう怖い点の1つです。

歯周病の初期の段階から、痛みなどの症状があれば早期に気づく事ができて良いのですが、
ほとんど何も感じないので、痛みや腫れといった症状が出た場合は、
歯周病が中程等度以上、進行してしまっている事がほとんどなのです。

2)溶けた骨は戻らない
『先生、自覚症状が無く歯周病が進んでも、その後に歯周病治療をすれば大丈夫ですよね?』
と仰る患者さんも多くいらっしゃいます。
歯周病の治療をする事は、もちろん出来ますが、歯周病で溶けた骨は、基本的には元には戻らないのです。
歯周病の治療とは、あくまで、これ以上歯周病を進行させないように
歯ぐきの周囲の原因を除去して今の骨の状態を維持することなのです。

もう一度言いますね。
溶けた骨は戻らないのです。歯周病治療は残っている骨が溶けない様にする為の治療です。
骨を元に戻す事ではありません。

外科的な歯周病治療で骨の一部を増やせる方法もありますが、これは、かなり適用範囲が狭いので、
基本的には、骨は元には戻らないものと思っておいてください。

お金を出しても、世界一の歯周病治療の名医にかかっても、
溶けて失った骨を、完全に元の骨の状態に戻すことは出来ません。

3)治療しても、また歯周病が再発する
img_treat_03『でも先生、歯周病治療すれば今の状態を維持できますよね。』
と、歯周病治療に期待する患者さんも多いです。
もちろん維持できるケースもありますが、ほとんどの人は難しいです。

歯周病は一度治療しても数ヶ月~1年前後で再発しやすいのです。
実際に、生活習慣病の1つとして歯周病が認定されています。

生活習慣病とは、普段の生活や習慣が、病気の発症と大きく関わっている病気です。
よく知られているので言うと高血圧、糖尿病、肥満などがあります。

ちょっとここで、「肥満」をとって考えてみましょう。
もし肥満の方が、脂肪吸引の治療をして体重が90キロから70キロになったとします。
結果として肥満が治った感じがします。
ただその後に、今までと同じ生活や習慣を続けていた場合に
1年後や2年後はどうなっているでしょうか?
たぶん、また体重が増加している可能性が高いですよね。

それと同じように、歯周病も治療をすると一旦は歯ぐきの状態が良くなります。
(何度もお伝えしますが、溶けた骨が戻る訳ではありません。)

しかし、その後に3ヶ月・半年と時間が経つ事で
歯ぐきの状態がドンドン悪くなりまた歯周病が進行して
骨が溶けてしまう状態になる事がほとんどです。

歯周病治療をしたけど、また悪化してまた歯周病治療をして悪化して行くと言うサイクルの、
遠くない先にあるのが抜歯です。
なぜなら、歯周病治療しても溶けた骨が戻る訳ではないからです。

では、どうしたら良いのでしょうか?

歯周病で歯を失うまで

img_s1img_s2img_s3img_s4img_s5

img_s6


歯周病から歯を守るには、何をすれば良いのか?

img_treat_04では歯周病から歯を守るためには何をすれば良いのでしょうか?

ステップ① 歯科医院で歯周病の検査をしてもらう。

自分で歯周病かどうかを気づくのは非常に難しいです。
実際に私が治療してきた患者さんの97%がご自身の歯周病を自覚していないか、
自覚していても、実際の状態と本人の感じている状態とのギャップがあります。

ほとんどの患者さんは、現実の状態よりも、軽く認識している事が多いです。
もし以下の事に当てはまれば近いうちに歯周病の検査に行って下さい。

☑ 歯ブラシで出血する事がある。
☑ 歯ぐきがムズムズする。
☑ 口臭がある気がする。
☑ 以前に歯周病と言われて、1年以上歯科に行ってない。
☑ 歯石除去などの治療を2年以上してない。
☑ 歯科医院に2年以上行ってない。
☑ 歯ぐきに赤みがある。(正常はピンク色に近い)

歯周病も、軽度の時に治療すれば問題ありません。

ただ、中等度や重度になると、治療をしてもその後の歯の寿命は短くなってしまいます。
まずは歯周病検査を受ける事がとても重要です。

ステップ② 歯磨きの仕方を歯科医院で教えてもらう。
歯周病になるという事は、少なからず歯ブラシの仕方に問題がある事が多いです。
勿論、みんな毎日歯ブラシをされていると思います。

でも、歯ブラシですべての汚れが取れている訳ではありません。
歯ブラシが上手に出来ている人の、ブラッシングの出来を評価すると、
ブラッシング後に汚れが付いている率が、20%以下となっています。

20%以下という数字を聞いて、「けっこう磨き残しあるなぁ」と思われたかもしれませんが、
20%以下というのは、すごく少ない数値です。
平均的な数値では30~40%位の汚れの取り残しがある人が多いです。

歯ブラシがあまり上手ではない方は
60~70%の汚れの取り残しがある事も珍しくありません。

また歯磨きは、人それぞれ癖があるので
汚れを取り残している場所は、毎回同じ場所なのでそこから歯周病が進行します。
この事から、まずは、ご自身の歯磨きのスキルを、少し上げる事が大切です。

img_treat_05ステップ③ 歯周病の治療を受ける。
検査で歯周病と診断された場合は、しっかりと歯周病の治療を受けて下さい。
歯周病の治療は一回で終わる事はなく、長いと10回位かかるケースもあります。
途中で飽きてしまうかもしれませんが、将来のご自身の為にも、しっかり治療をされる事をお勧めします。

治療としては、
歯石などを取り除く治療
かみ合わせの調整をする治療
合っていないかぶせ物を治す治療
膿んだ歯ぐきを取り除く治療
などがあります。

状態によって治療の内容は異なるものなので、
すべての治療が必要かは担当医の先生にしっかり聞いて下さい。

ステップ④ 定期的な予防治療を受ける。
歯周病の治療を受けるのは当然、大切ですが、
その後は再度悪化しない為に定期的に歯周病にならない様に予防治療を受ける事が大切です。

理由は、上の方でお話した様に歯周病は生活習慣病であり、
治っても再度歯周病になってしまう事が、ほとんどだからです。

せっかく歯周病の治療をしても、また悪化してから治療を受けるのは
残っている骨がドンドン溶けてしまうので、結果として早く歯が抜ける事になってしまいます。

歯周病から歯を守るには、治すだけの治療だけではなく
これ以上、残っている骨を失わない為に予防の治療を受ける事が大切です。

具体的には、普段の歯磨きでは取り残してしまっている汚れや歯石をキレイに取り除くことです。
先ほども述べましたが、歯磨きの仕方はクセがあるので、汚れを同じ場所に取り残してしまいます。
そのままにするとそこから歯周病が進んでしまうので、汚れや歯石を取り除き、歯周病の進行を食い止めます。

また歯周病の原因である、歯周病菌が3ヶ月、4ヶ月と経過すると
悪性度の高い菌が、非常に増えてきて進行を助長してしまうのです。
定期予防治療の習慣は日本には浸透してないのが現状ですが非常に重要です。

アメリカや北欧などは、定期予防治療が浸透しています。
80歳の時に残っている自分の歯の本数の違いがアメリカや北欧と、
日本で大きく差がある事のひとつの要素がここです。


人生の何が歯周病で失われるのか?

img_treat_06歯を失っても正直、死ぬわけではありません。
現代は柔らかい食品もたくさん売っていますので、生きるための栄養を摂る事は可能です。

ただ、考えて欲しいのです。
『人生のクオリティは、歯がある時と同じでしょうか?』

食事の楽しみはどうですか。
見た目などの美的な問題はどうですか。
口臭などの臭いの問題はどうですか。
健康への影響はどうですか。
挙げだしたらキリがありません。

誰でも最初はすべての歯があります。
そしてそれが、20年も30年も同じだからこのままずっとある物だと錯覚しやすいのです。
歯は、いつまでもある当たり前の物だと捉えてしまう状態です。

しかし現実は違います。
誰しも、「歯はもう長く残せない」と知った時や、実際に歯を失った時に、その大切さを感じます。

しかし、その様な状態になってからの治療では、出来る事は限られています。
だから、実際、多くの患者さんが歯周病になってしまってから、とても悩んでいます。

出来る事なら、歯周病になっていない状態の時にこそ歯の大切さを知ってもらい
歯の寿命をのばす事に取り組んで欲しいと思っています。
歯を失う事で悩む人が少なくなる事が、私の一番の願いです。

でも、心配しないでください。
このホームページの内容をしっかり読んでいただければ歯の寿命をのばす事は十分に可能です。

私の経験でだけでなく、日本はもとより、世界的な学会での論文をお伝えします。
ぜひ、今ある歯を、永く残すことにフォーカスしてみてください。