日本人の歯の寿命をのばすカギとは?

日本人の歯の寿命は短い?

ほとんどの日本人が知らない真実

突然ですが、一つ質問があります。
70歳の時に日本人の平均で何本の歯があると思いますか?

『・・・・・』
ほとんどの方が『分からない』という答えなのではないでしょうか。

そもそも歯が何本あるかを知っている方もまれだと思います。
むしろ知らないのは当然です。ですから心配しないで下さい。

今から、一生に一回かも知れませんが、歯の本質について一緒に勉強しましょう。

このホームページに来られたという事は、少なからず歯に対して不安や悩み・疑問があるはずですから。

話を戻しますが、歯の本数は32本あります。親知らずを抜かすと28本です。
では70歳の時はどうでしょうか?

答えは15本です。
すでに半分以上の歯が無くなっている状態です。

分かりやすいイメージで言うと、上顎の歯はすべて失って総入れ歯という事です。
どうでしょうか。
想像できますか?想像できませんか?

私は、いろんな患者さんにこの事実をお伝えして来ましたが
年齢が若ければ若いほど
『信じられない』『イメージつかない』『本当ですか!』
と想像できない方がほとんどです。

でも、あなたが受け入れるか受け入れないかは関係なく、平均的にはこの結果となります。
以下に年齢別の歯の本数の表を記載します。

いかがでしょうか。

実はイメージできない重要なポイントがこの表にあるのです。
どこだか分かりますか?

そのポイントは40歳まではほとんど歯を失ってないという事です。

40歳位までは歯をほとんど失ってないので、多くの方が歯はそんなに無くならないという認識なのです。
その思いは当然だと思います。

失う本数は加速的に増してきます。
45歳~55歳で3本の歯を失います。
55歳~65歳で5本の歯を失います。
65歳~75歳で8本の歯を失います。

どんどん加速するのです。

そして、自分自身で
『歯ってどんどん抜けてしまうんだ!』と実感する頃にはかなり状況が悪くなっています。
では、いつそれを実感するのでしょうか?

私が何千人もの患者さんと話してきて分かった事があります。
それは、歯が初めて抜けた時ではありません。

ほとんどの人は、歯が何本か抜けて、治療方法が入れ歯かインプラントの選択しかなくなる時です。

歯が抜けた際に、両隣の歯を削ってつなげたかぶせ物のブリッジと言う治療方法がありますが、
その時にはあまり患者さんは危機感を感じにくいのです。

抜けた本数が多くなり、ブリッジも出来なくなり入れ歯かインプラントという選択肢だけの時に
歯が無くなった事の重要性に気付くのです。


不自由なく好きな物を食べるという当たり前の幸せ
患者さんの言葉で気づかされたこと

ひとつ私が歯科医師になりたての頃の話を聞いて下さい。
私が、このような会をつくった一番の源流となる経験です。

私は歯科医師になってから、大学病院の高齢者歯科に在籍して治療をしていました。
また介護施設に行って、治療をしたりもしていました。

なぜそのような道を選んだかと言うと、
教科書や大学講義では知ることのできない「歯医者の本質」と、
「歯の本当の役割」を若いうちに知りたかったからです。

実際、たいへん多くの方が歯についての悩みを抱えていらっしゃいました。
みなさん、片道1時間、2時間かけて大学まで治療に通われている方がざらでした。
私がまだ歯医者になって2年目の時に、患者さんに何気なくこう尋ねました。

『わざわざ片道2時間もかけて通うのは大変ではないですか?』
私としては、特に深い意味もなく質問したのですが、その患者さんに言われた言葉が今でもずっと心に残っています。

『先生、私はね…残っている歯も数本しかないし、もう昔のように食べられないのは分かっているんです。
でも、今より少しでも美味しく食事を楽しみたいの。
だって毎日の楽しみですから。

そして、たとえ入れ歯でも、いつまでもきれいな歯でいたいんですよ。
先生はまだお若いですから、分からないかも知れませんね。
歯を治しに来ているだけではなくて、歯を治す事によって楽しみを取り戻したいの。
だから、遠くても通うのは全然平気ですよ。

私も若い時は、子育てや仕事で忙しかったから自分の健康なんて二の次、三の次だったけど、
今になって思えば、もう少し自分の体を気づかっていれば良かったわ。
でも、今さら後悔してもしょうがないですよね…』
この方に出会って、『自分の歯があって、不自由なく好きな物を食べるという当たり前の事が、
人生においてとても重要な事なんだ』と教えていただきました。

そして、その想いと同時に
『日本は世界的に生活水準も高いし、国民がみんな保険で治療を受けられる国なのに、
どうしてこんなに歯で悩んでいる人が多いのだろう?』
と疑問を持ちました。

この方との話が、すべてのきっかけでした。

img_japan03日本は長寿の国です。
平均寿命が現在、男性80才・女性87才です。

そして、2050年には男性81才・女性89才になるであろうと国立の研究所が発表しております。
医療や生活環境の進歩により、長生きできるようになってきて いますが、歯の寿命はどうでしょうか?

想像してみてください…あなたの歯の10年後、20年後を。
今のままでは平均寿命に、歯の寿命がまったく追いついていません。

私は歯科医師として、歯の治療をするだけでなく日本人の歯の寿命を
もっともっと長くのばす事ができればと思いこの会を発足させました。

話を戻しますが、具体的に歯を失うとどんな事があるのでしょうか?
食事が食べにくくなると言う事は想像できるかもしれませんが、それ以外にも歯と一緒に失われるものがたくさんあるのです。

それを次のページでお伝えいたします。

 

次のページへ